2017年03月09日

小4☆英検3級合格

ご報告が遅くなったのですが、

昨年10月の3級の試験を受け一次、二次無事に合格できました。




児童英検に始まり小2で4級を受けるまではわりと続けて受験していましたが3級までに2年空いてしまって。

購入も遅くて英検オンラインレッスンも3分の1ほどしかできなかったのですががんばってくれました。

その間私の方が不安になって掲示板の方で質問させていただきました。

色々助言していただいてとても心強かったです。

合格が目的ではないということも言っていただいてそうだった!と思いそれから焦らず取り組めました。

実際、本人は緊張せず試験にのぞめたようで特に面接試験は楽しかったと言っていました。




他にも色々習い事をしていますが、時間を作ってオンラインレッスンを続けてきました。

特に水泳はずっと続けていて一週間のうちほとんどが練習で、春も夏も冬も長期休みはほぼ毎日練習、合宿と。

日曜日に試合があったり他のスポーツなどされている方も工夫して頑張っておられるんだと思います。

幼稚園から小学校、そして学年が上がるごとにだんだん家庭で取り組むのは時間的にも難しくなってくると思いますができる限りサポートしていってやりたいと思っています。

英語が自然に理解できて話せるようになったらいいなと思います。


IMG_5270.jpeg



英語がはじめてのお子さまから、ネイティブレベルまで。お子さまの英語力を伸ばしたい皆さまを応援します!お得な情報も弊社ウェブサイトから!! ↓↓↓

トップページ


posted by palkids at 14:21| 英検3級

2017年02月15日

小1☆英検4級合格

先日英検4級を受けて無事に合格しましたので、ご報告させて頂きます。

1年前に英検5級に合格してからオンラインの英検4級に取り組んでいましたが、第一回目、二回目と学校や弟の幼稚園の行事と重なり、受ける事ができず、ようやく今回受験できました。

試験後にどうだったか聞くと、出来た〜!と自信満々でした。結果が出るまでこちらはドキドキでしたが、無事に合格しておりました。
やはりリスニングの点数が高得点なのはパルキッズのおかげなのだと思います。

オンラインレッスン実力プリント、過去問を数回しただけで、親が助ける事はほぼなく、合格できたのはパルキッズのカリキュラムのおかげで毎日コツコツ取り組めるからだと思います。
4級の試験が終わってからすぐに3級のオンラインレッスンに自ら取り組み始めました。

2年生で3級に合格出来るよう、また毎日コツコツ取り組んで自然と実力がついていってほしいなと思っております。

image1.png



英語がはじめてのお子さまから、ネイティブレベルまで。お子さまの英語力を伸ばしたい皆さまを応援します!お得な情報も弊社ウェブサイトから!! ↓↓↓

トップページ

posted by palkids at 12:42| 英検4級

2017年02月07日

小1☆英検3級合格

上の娘の英検3級チャレンジですが、無事一次試験合格しました。

筆記は5割強しか取れませんでしたが、パルっ子らしくリスニングで点を稼いで合格ラインに達したようです。

まだ二次試験が残っており、人見知りがあるので心配ではありますが、感謝の気持ちをお伝えしたく、取り急ぎご報告させて頂きました。



英語がはじめてのお子さまから、ネイティブレベルまで。お子さまの英語力を伸ばしたい皆さまを応援します!お得な情報も弊社ウェブサイトから!! ↓↓↓

トップページ
posted by palkids at 14:18| 英検3級

2017年02月06日

小5☆英検5級合格

この度、子供が英検5級を合格しましたので、ご報告させていただきます。

パルキッズジュニアを、小4の冬から始めて1年弱ですが、こんなに短期間で英検に合格できるなんて、親子でビックリしています。

小1から、英会話教室に4年通いましたが、なかなか英語の上達を実感できませんでした。

そんなときに、パルキッズに出会いました。娘は、毎日のオンラインレッスンが、気に入ったようで自分からやってくれました。

何事にも消極的な娘でしたが、今回の受験でスゴイ自信がついたようです。今後も、毎日の取り組みを頑張り、英検にもチャレンジしていきたいです。

これからも、よろしくお願いします。

Effectplus_20161028_152520.jpg




英語がはじめてのお子さまから、ネイティブレベルまで。お子さまの英語力を伸ばしたい皆さまを応援します!お得な情報も弊社ウェブサイトから!! ↓↓↓

トップページ
posted by palkids at 11:25| 英検5級

2017年01月30日

【パルキッズお便りコーナー】1歳☆「I can read!」

【パルキッズ】育ちの子ども達☆I can read!をお使いの1歳のお子さまをご紹介します!


今日は、I can read!のうれしいご報告があり、メールいたしました。


setA-1"I Play"が暗唱できました。
I can read!を始めて1ヶ月と少し経った頃、家の近くの公園で、娘とブランコに乗っていたときに、娘が初めて「swing」と言いました。
私は、「そういえば、I can read!の本に、swingがあったなぁ」なんて思いながら、娘に合わせて「swing,swing〜」と言うと、娘も喜んで、「swing〜」と2〜3回言い、その日はそれで終わりました。


ちょうど、パルキッズプリスクーラーもYear2に入ったところで、Year2のガイドブックにも目を通したばかりでした。
ガイドブックにはリタラシーリンクス(現在のにI can read!)についても書かれており、そこには「一語でもアウトプットがあれば、全部入力されているということ」と書かれていました。


とはいえ、娘は確かに「swing」とは言ったものの、娘がswingという単語に出会ったのはI can read!が初めてではありませんでしたし、娘はI can read!の本を見ながら言ったわけでもなかったので、「パルキッズがそう言うのなら、そう信じることにしよう」くらいにしか思っていませんでした。


ところが、翌日、I can read!オンラインレッスンに取り組むと、setA-2"Let's Race"で、音声が鳴る前に、「Go!」、「won(本当は「I won.」)」と言い、"I Play"では、ページがめくられるたびに「Play(本当は、I play.)」、「climb(本当は、I climb.)」、「slide(本当は、I slide.)」と、全体の3割くらいを言いました。


でも、「I」は言わないし、絵を見て、「あ、slideだ!」という感じで言っているだけにも感じたので、お電話で質問させていただきました。
すると、それが「暗唱の始まり」とのこと・・・。
なるほどな〜と思い、今までどおり、子ども任せで進めることにしました。


すると、またその翌日、今度はところどころ「I」も入り、「I play」を全体の5割くらい暗唱してくれました。
併せて、他の本に関しても、数語ずつ暗唱してくれました。


さらに、その次の日、「I play」をすべて完全に暗唱してくれました。


「swing」という発語があったのを1日目とすると、2日目に3割、3日目に5割、4日目に100%暗唱ということになります。
こんなにすぐに学習が進むはずはないので、やはり、発語があった1日目の時点で、「一語のアウトプットは全部のインプット」だったということだったのだと思います。


というと、順調そうに見えますが、そこはやはり気分屋の1歳児(笑)
その翌日からは、「I play! I play!」と言って、「I
play」ばかりを見たがり、どの本も、ページを開くたびに、ひたすら「I play」と言い続けました(^^;)
それから数日経ち、とうとう現在、取り組み中の4冊に飽きたようです。あと一週間半ほど、今の4冊が続くんですけど・・・。


でも、本をあまり見なくても、暗唱しなくても、全然気になりません。
もう、全部インプットされているんだなと思っていますから(^^)


娘は、最近、本当によくアウトプットをしてくれるようになり、また日に日に英語の言葉も増えているので、親の私も、やっと、「バイリンガルになりつつあるんだなぁ」という実感が生まれています。
DVDを見ても、本を見ても、歌を聴いても、そこから言葉を獲得でき、そうやって日に日に言葉が増えているのは、英語のリズム回路が出来てきたからだと思います。
日本語もどんどんと言葉を吸収できる、この2歳前後の時期・・・。この素晴らしい時期までにパルキッズプリスクーラーYear1を終えて、リズム回路を構築することができ、とても幸運だったと思っています。


余談ですが、私は、母国語でない言語での語りかけ育児はするべきではないと考えています。
というのも、あらゆる言語には、表面には現れない言語の素となるような、共通する言語概念のようなものがあって、その概念の現し方が、いわゆる○○語というものだと考えているからです。
なので、親が子どもに出来ることは、その共通する言語概念を豊かにしてあげることだと考えていて・・・。それは、親の母国語でなければ、困難だと思います。


とはいえ、私も、子どもが英語で話しかけてきてくれたときは、不自然でない限りで、子どもに合わせて英語で答えてあげることはあります。ほとんどオウム返しの返答にしていますが。
というのも、英語を完全に排除するのが、かえって不自然に感じられることもあるからです。
例えば、子どもが「apple」と言ってリンゴを持ってきてくれたときに、「りんごだね〜」と言うと、せっかく「apple」と言ってくれたのに、なんだかそれを訂正するようで不自然・・・。なので、「Yes! Its an apple!」と言ったりします。
でも、とっさに英語での返答が出てこなかった場合には、それでも英語を言おうとすると、変な間が空いたりして不自然になるので、そういうときは「ほんとだ〜!すごいね!○○ちゃんは、よくわかるね〜。」と言うことにしています。


よく、「英語をやると、日本語が遅れる」だとか「日本語が変になる」と言う人がいますが、その帰結は乱暴です。その間にあるものを省いてしまっているからです。
正しくは「英語をやると、お母さんがろくに英語をしゃべれないのにも関わらず、英語語りかけ育児をしてしまい、その結果、㈰単語だけの英語を聞かせてしまって、子どもの言語概念の構築に支障を来たしたり、㈪英語日本語交じりの語りかけをしてしまって、子どもの正しい(というより通常の)日本語を聞く機会が乏しくなり、したがって、日本語が遅れたり、変になる」んだと思います。


英語をいくらやっても、英語をやらない家庭と同じレベルと量で、日本語を与えてあげれば、日本語に影響が出ることはないと思います。
もうすぐ2歳になる娘は、1歳10ヶ月のときに保健所の発達・発育検査で(1歳半検診で、体重が少なめなので、もう一度来るように言われました(^^;))、私と娘の会話を聞いていた保健婦さんに「3歳児レベルですね」と言ってもらえました。
もちろん、うるさいので、保健所には「英語をやっている」とは言っていません(^^;)保健所は「英語によって言葉が遅れた」子どもたちをたくさん見ている一方で、一向に「その間にあるもの」に気づいてはくれないからです。


DSC_0450.jpeg
写真は、「I won!」のポーズです。


英語がはじめてのお子さまから、ネイティブレベルまで。お子さまの英語力を伸ばしたい皆さまを応援します!お得な情報も弊社ウェブサイトから!! ↓↓↓

トップページ
posted by palkids at 13:57| お便り